大学生のフリーランスエンジニアについて

アプリやウェブサービスの開発は簡単なことではない

物は試しという気持ちからチャレンジすることに決めました | アプリやウェブサービスの開発は簡単なことではない | 大学生でフリーランスエンジニアとして活動

アプリやウェブサービスの開発は簡単なことではないことは理解していましたが、一歩を踏み出す事を決めました。
人脈がないと難しいんだろうなと思っていましたが、今の時代ならクラウドソーシングがあるし、実力が追いついていけば発注を受けることができると思ったので頑張りました。
以前にアルバイトとしてエンジニアで働いた経験があったので、そこの人脈を使って依頼を受けることから始めることにしたので、知り合いということもあり少し精神的な負担が軽減してよかったです。
何件か知り合いからの依頼を受けてから、クラウドソーシングで受注することにしたので、自分にもできるという自信を持つことが出来ていた状態だったのも、よかったのかなと思っています。
必要なスキルや納期、業務内容など仕事をする上で必要となる情報をきちんとチェックし、無理がないものから選ぶことに決めました。
最初は簡単そうだなと思っても、いざ内容を読んでみると思ったよりも大変そうだということも珍しくなかったので、簡単に飛びついてはいけないなと思ったし、期間内に適した仕事ができないと信用問題にも関わってくるので、責任は重大だと改めて実感しました。

フリーランスエンジニア 大学生大学生が4ヶ月の独学でフリーランスエンジニアとして稼ぐまでの話