大学生のフリーランスエンジニアについて

物は試しという気持ちからチャレンジすることに決めました

大学に在学している中でアルバイトを探していましたが、高時給なところでも限界はあるし、効率良く稼げて将来の役にも立つようなことはないかなと考えている時に、フリーランスエンジニアという存在に惹かれるようになりました。
周囲にもほとんどいないのか聞いたことがなかったし、大学生では無理なのかなという気持ちもありましたが、インターネットを使って検索してみると思いの外多いことがわかり、絶対に無理というわけではないんだと希望が持てたのでよかったです。
賢い天才にだけできることなのかなと最初は不安でしたが、凡人でもとりあえずチャレンジすることはできるわけだし、やってみて無理ならやめればよいだけだという気持ちから、チャレンジしてみることにしました。
最初は学生ならライターが良いかなと思いましたが、ライターを少しやってみたところ思ったより稼ぐことが出来ないし、効率が良いとは言えないかなと感じたので他の方法を探すことにしました。
一番に惹かれたのがプログラマーやエンジニアで、学校でも学んでいるので知識は多少はあるし、物は試しという気持ちからチャレンジすることに決めました。

前の現場で初めてフリーランスエンジニアさんと出会いました。


その方は南青山に住んでいると聞いて、フリーランスめっちゃカッコいい‼️
と、単純な私はさらにフリーランスというものに惹かれていきましたとさ😅

— 如月@独学フリーランス1年目 (@zer0_ykisaragi) August 14, 2020

物は試しという気持ちからチャレンジすることに決めました | アプリやウェブサービスの開発は簡単なことではない | 大学生でフリーランスエンジニアとして活動